samedi 15 mars 2008

アンブロワーズ・パレの素晴らしき人生



近代外科学を築いたアンブロワーズ・パレ(Ambroise Paré, 1510-1590)に関する逸話を一つ

1642年6月30日にジュアンヌ・マスラン(Jehanne Masselin)と結婚

1545年にフランソワ、1559年にイザック、1560年にはカトリーヌの三人の子供をもうける

1573年、63歳の時に妻が亡くなる

その翌年、20歳のジャクリーヌ・ルースレ(Jacqueline Rousselet)を新妻を迎える

幸福な結婚生活だったのか、6人の子供に恵まれている

それぞれ、65歳、66歳、68歳、69歳、71歳、73歳 の時のこと

そして、80歳で亡くなっている

素晴らしき人生に見える




Aucun commentaire: