jeudi 10 juin 2010

神智学 Théosophie


La théosophie fait référence à une doctrine qui soutient que toutes les religions sont des projections et tentatives de l'Homme de connaître « le Divin », et que, par voie de conséquence, chaque religion possède une partie de la Vérité.

Theosophy is a doctrine of religious philosophy and mysticism. Theosophy holds that all religions are attempts by the "Spiritual Hierarchy" to help humanity in evolving to greater perfection, and that each religion therefore has a portion of the truth. The founding members, Helena Petrovna Blavatsky (1831–1891), Henry Steel Olcott (1832–1907), and William Quan Judge (1851–1896), established the Theosophical Society in New York City in 1875.

神智学(しんちがく、Theosophy)とは、19 世紀にブラヴァツキー夫人を中心として設立された神智学協会に端を発する神秘主義密教秘教的 な思想哲学体系である。全ての宗教、思想、哲学、科学、芸術な どの根底にある1つの普遍的な真理を追求することを目指している。

ブラヴァツキー夫人マダム・ブラヴァツキー 1831年8 月12日 - 1891年5月 8日)は、キリスト教、仏教、ヒンドゥー教、古代エジプトの宗教をはじめ、さまざまな宗教や神秘主義思想を折衷し、19 世紀最大のオカルトとまで言われる「神智学」を創唱したオカルティスト。この神智学は、ロシアの作曲家スクリャービンが傾倒したことでも知られる。

Aucun commentaire: